松阪市: 松ヶ島城

  三重県:歴史・観光・見所松阪市:観光>松ヶ島城

概要・歴史・観光・見所
松ヶ島城(松阪市)概要: 松ヶ島城は永禄10年(1567)、北畠具教が築いたのが始まりとされます。当初は細首城と称し家臣である日置大膳亮が守っていましたが永禄12年(1569)、織田家による伊勢侵攻により自ら火を放ち要害である大河内城に退いています。織田領になると織田信雄の家臣津川義冬や滝川雄利が城主となり近代城郭へと大改修され往時は二重の掘を持ち、本丸には五層の天守閣を設けるなど壮大な城郭となりました。天正10年(1586)に蒲生氏郷が入封し天正12年(1588)に松阪城を築くと松ヶ島城は廃城となり城下町も松阪に移されました。現在では遺構と思われる小丘だけとなりましたが松阪の歴史的重要な旧跡として三重県指定史跡に指定されています。伝承では竜泉寺の山門は松ヶ島城の城門を移築したものと伝えられるもので三重県指定文化財に指定されています。

松ヶ島城:写真

松ヶ島城
[ 付近地図: 三重県松阪市 ]・[ 松阪市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「三重県:歴史・観光・見所」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。