松阪市: 本居宣長奥墓

  三重県:歴史・観光・見所松阪市:観光>本居宣長奥墓

概要・歴史・観光・見所
本居宣長奥墓(松阪市)概要: 享和元年(1801)、本居宣長が死去すると遺言書に従い妙楽寺の山内に葬られました。周辺には宣長の門弟である平田篤胤の歌碑や植松有信歌碑、没後150年に記念して建立された牧戸正平歌碑、十三重搭があり、妙楽寺境内には同じく没後150年に山室山奥墓保存会が整備した石柵・花筒が保存されています。本居宣長奥墓は昭和11年に国指定史跡に指定され平成13年に遺言書と改正墳墓図から当初に近い形に復元整備されています。

本居宣長奥墓:写真

本居宣長奥墓
[ 付近地図: 三重県松阪市 ]・[ 松阪市:歴史・観光・見所 ]
本居宣長奥墓 本居宣長奥墓 本居宣長奥墓 本居宣長奥墓
本居宣長奥墓 本居宣長奥墓 本居宣長奥墓 本居宣長奥墓
本居宣長奥墓 本居宣長奥墓 本居宣長奥墓 本居宣長奥墓


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「三重県:歴史・観光・見所」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。