松阪市: 松浦武四郎生家

  三重県:歴史・観光・見所松阪市:観光>松浦武四郎生家

概要・歴史・観光・見所
松浦武四郎生家(松阪市)概要: 松浦武四郎生家天保3年(1832)に建てられた建物で、木造平屋建、切妻、桟瓦葺、妻入、松浦武四郎誕生地とされています。武四郎は幕末の蝦夷地探検家として知られ、弘化2年(1845)から安政5年(1858)に6回蝦夷地に渡り「蝦夷日誌」や「蝦夷紀行」を発刊し広く蝦夷地を知らせています。アイヌ民族の人権擁護に尽力し江戸時代には幕府、明治維新後は新政府に度々陳情し、明治3年にはアイヌ解放が果たされないことを責任を感じ現在の局長級の役職である開拓判官を辞任しています(明治2年には北海道を名付けた事でも知られています。)。松浦武四郎生家は伊勢街道沿いに残る数少ない古建築物の遺構で松浦武四郎の生誕地でもあることから昭和37年に松阪市指定史跡に指定されています。

松浦武四郎生家:写真

松浦武四郎生家
[ 付近地図: 三重県松阪市 ]・[ 松阪市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「三重県:歴史・観光・見所」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。