松阪市: 長谷川邸

  三重県:歴史・観光・見所松阪市:観光>長谷川邸

概要・歴史・観光・見所
長谷川邸(松阪市)概要: 長谷川家は松阪を代表する豪商で、延宝3年(1675)には3代政幸が江戸日本橋に進出しています。その後も財を成し当地では御為替組御用を務め、名字帯刀を許される士分の格式を得ていました。現在の建物の詳細は不詳ですが切妻、桟瓦葺、平入、間口が広く屋根の左右には袖壁と高く掲げられたウダツがあり正面には下屋庇が取り付けられています。敷地間口が広く主屋の他、庭園と土蔵が道路際に配され、土蔵は黒漆喰で仕上げられているなど格式が感じられます。

長谷川邸:写真

長谷川邸
[ 付近地図: 三重県松阪市 ]・[ 松阪市:歴史・観光・見所 ]
長谷川邸 長谷川邸 長谷川邸 長谷川邸


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「三重県:歴史・観光・見所」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。