桑名市: 多度町

  三重県:歴史・観光・見所桑名市:観光>多度町

概要・歴史・観光・見所
多度町(桑名市)概要: 多度町は多度大社の門前町として発展してきた町です。多度大社は続日本紀に記され、天平宝字7年(763)には神宮寺が創建されるなど歴史が古く、貞観3年(863)には正二位、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳では名神大社に列し、伊勢国二宮として広く信仰の対象となりました。江戸時代に伊勢参りが民衆にも浸透すると「伊勢に参らば多度をもかけよ、お多度まいらにゃ片まいり」と詠われ数多くの参拝者が訪れるようになります。大正8年(1919)に近鉄養老線が開通すると門前町として飛躍的に発展し現在見られる町並みの原形が造られていきました。

多度町:写真

多度町
[ 付近地図: 三重県桑名市 ]・[ 桑名市:歴史・観光・見所 ]
多度町 多度町 多度町 多度町
多度町 多度町 多度町 多度町


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「三重県:歴史・観光・見所」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。