桑名市: 照源寺

  三重県:歴史・観光・見所桑名市:観光>照源寺

照源寺
照源寺
[ 付近地図: 三重県桑名市 ]・[ 桑名市:歴史・観光・見所 ]
照源寺 照源寺 照源寺 照源寺
照源寺 照源寺 照源寺 照源寺
歴史・観光・見所
照源寺概要: 照源寺の創建は寛永元年(1624)、桑名藩2代藩主松平定行が初代藩主で父親でもある松平定勝の菩提を弔う為開いたのが始まりとされます。当初は崇源寺と称していましたが、徳川2代将軍秀忠の夫人の法号が「崇源院」だった為、東海山照源寺に改称しています。山号の東と寺号の照を合わせると東照となり徳川家康が埋葬された日光東照宮に因む事から徳川将軍家に忠誠の意を示すものとも云われています。寛永12年(1635)、定行が伊予松山藩に移封になると松山城下に大誉三恕和尚(照源寺二世)を招き大林寺を開き、桑名藩は実弟である定綱が跡を継ぎ深誉長意大和尚(京都知恩院)を招き照源寺を存続させています。その後も松平家の菩提寺として寺領200石が安堵され寺運も隆盛し寺宝として松平家縁の品々を多数所有しています。境内にある歴代松平家墓所は「松平定綱及び一統之墓所(26基)」として昭和12年に三重県指定されている他、山門(切妻、本瓦葺、四脚門、総欅造)が桑名市指定文化財に指定されています。
住宅設計案内

 桑名市観光・旅行見所ナビ:
歌行燈句碑海蔵寺楽翁記念宝物館宮川清めの池桑名城七里の渡し住吉浦十念寺春日神社(桑名宗社)照源寺神館神社石取会館
蔵前祭車庫多度大社(北伊勢大神宮)多度町大福田寺地蔵堂長円寺鎮国守国神社諸戸氏庭園道標北桑名神社本統寺(桑名別院)
六華苑(旧諸戸清六邸)桑名市長島町
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。