津市久居・歴史・観光・見所

  三重県:歴史・観光・見所津市:観光>久居

概要・歴史・観光・見所
津市久居(歴史)概要: 久居の都市としの始まりは寛文9年(1669)、津藩から5万石が分知され久居藩を立藩、その陣屋町として発展しました。初代藩主藤堂高通は津藩2代藩主藤堂高次の次男、初代藤堂高虎の孫にあたる人物で、当藩を立藩する際、「永ニ鎮スル」の意味から地名を久居に改めたと伝えられています。久居藩は5万石を領していましたが津藩の支藩的な意味合いが強かった為、築城が認められず陣屋構えとして周辺には200戸程度の武家屋敷を設けて家臣達を住まわしていました。江戸時代中期以降、庶民達の伊勢神宮参拝が流行ると、伊勢街道の宿場町として急速に発展し街道沿いには多くの旅籠が設けられました。明治時代以降は多くの武家屋敷は失われ、交通網の発展により宿場町としての機能も消失、現在は町家が点在し当時の繁栄を僅かに感じる事が出来ます。

津市久居・町並み:写真

津市久居:町並み 津市久居:町並み 津市久居:町並み 津市久居:町並み 津市久居:町並み
津市久居:町並み 津市久居:町並み 津市久居:町並み 津市久居:町並み 津市久居:町並み

津市久居・歴史・神社・寺院・城郭

久居陣屋
久居陣屋
久居陣屋
玉せん寺
玉せん寺
玉せん寺
賢明寺
賢明寺
賢明寺
香良洲神社
香良洲神社
香良洲神社
子午の鐘
子午の鐘
子午の鐘
川併神社
川併神社
川併神社
野辺野神社
野辺野神社
野辺野神社
 
白
 
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「三重県:歴史・観光・見所」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−北陸」、「城郭と城下町−北陸」、「北陸道二」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。