津市久居: 子午の鐘

  三重県:歴史・観光・見所津市:観光久居・歴史>子午の鐘

子午の鐘
子午の鐘
[ 付近地図: 三重県津市 ]・[ 津市久居:歴史・観光・見所 ]
歴史・観光・見所
子午の鐘概要: 子午の鐘子午の鐘は元文元年(1736)、辻越後種が久居陣屋町に時を知らせる鐘として造ったものです。当初は中大手町(現久居東鷹跡町)にありましたが寛政元年(1789)に現在地に移され火事の半鐘として利用されました。寛政9年(1797)、再び時の鐘として利用されるようになり、太平洋戦争の時も供出を免れました。子午の鐘は津市指定有形文化財に指定されています。
住宅設計案内

 津市久居観光・旅行見所ナビ:
久居陣屋玉せん寺賢明寺香良洲神社子午の鐘川併神社野辺野神社
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。