津市久居: 賢明寺

  三重県:歴史・観光・見所津市:観光久居・歴史>賢明寺

賢明寺
賢明寺
[ 付近地図: 三重県津市 ]・[ 津市久居:歴史・観光・見所 ]
賢明寺 賢明寺 賢明寺 賢明寺
歴史・観光・見所
賢明寺概要: 賢明寺の創建は天平2年(730)、聖武天皇の勅願により行基菩薩が開いたのが始まりとされます。歴代領主や皇室などとも繋がりが深く、貞享2年(1685)には初代久居藩主藤堂高通が銅灯篭(津市指定有形文化財)を寄進し、享保4年(1719)には中御門天皇が子授祈願を行い、見事、皇子が授かった事から詠まれた歌が奉納されています。寺宝である木造如意輪観音菩薩座像(鎌倉時代に製作、像高101cm、寄木造)と山門(貞享から元禄年間建築、入母屋、桟瓦葺、三間一戸、楼門形式)が津市指定有形文化財に指定されている他、弘安8年(1285)に建立された石造板五輪塔(高さ約1.7m)が昭和28年に三重県指定文化財に指定されています。
住宅設計案内

 津市久居観光・旅行見所ナビ:
久居陣屋玉せん寺賢明寺香良洲神社子午の鐘川併神社野辺野神社
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。