津市久居: 久居陣屋

  三重県:歴史・観光・見所津市:観光久居・歴史>久居陣屋

久居陣屋
久居陣屋
[ 付近地図: 三重県津市 ]・[ 津市久居:歴史・観光・見所 ]
久居陣屋 久居陣屋 久居陣屋 久居陣屋
歴史・観光・見所
久居陣屋概要: 寛文9年(1669)、藤堂高通(2代津藩主藤堂高次の次男)が津藩から5万石(2代目藤堂高堅:以降は5万3千石)を分知され久居藩を立藩、寛文11年(1671)には陣屋が完成しています。5万石だった為、城主格という格式を得ていましたが城郭の築城許可が認められず陣屋構えとなり石高の割りには比較的に小規模となっています。陣屋は若干の高台を利用した平城形式で南側が崖地、その他3方は雲井川の支流を巧みに利用して掘に見立ています。陣屋の内部には藩主の居館と藩庁が設置され、陣屋町として周辺には武家屋敷、それを囲むように町人町が配されていました。明治4年(1871)の廃藩置県により久居藩が消滅すると廃城となり、現在は高通児童公園や久居中学校、グランド、宅地化され多くの遺構を失っています。
住宅設計案内

 津市久居観光・旅行見所ナビ:
久居陣屋玉せん寺賢明寺香良洲神社子午の鐘川併神社野辺野神社
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。