津市: 高山神社

  三重県:歴史・観光・見所津市:観光>高山神社

概要・歴史・観光・見所
高山神社(津市)概要: 高山神社の創建は明治10年(1877)、津藩初代藩主藤堂高虎の御霊を勧請したのが始まりとされます。藤堂高虎の謚号が寒松院殿道賢高山権大僧都だったことから高山神社と呼ばれました。当初は両社八幡神社の境内に鎮座していましたが、明治34年に津城本丸跡に遷座し昭和44年に現在地(旧津城内堀)に遷りました。社宝である絵馬は文久3年(1863)に両社八幡宮に奉納されたもので縦153cm、横216cm、厚さ9cm、欅材、高山神社に両八幡宮が合祀された時に移されたもので津市指定文化財に指定されています。

高山神社:写真

高山神社
[ 付近地図: 三重県津市 ]・[ 津市:歴史・観光・見所 ]
高山神社 高山神社 高山神社 高山神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「三重県:歴史・観光・見所」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。