津市: 子安地蔵院

  三重県:歴史・観光・見所津市:観光>子安地蔵院

概要・歴史・観光・見所
子安地蔵院(津市)概要: 地蔵院の創建は不詳ですが伝承によると天文年間(1532〜55)、当時の領主乙部藤政が自ら信仰した子安地蔵尊を居城跡(中河原城)である現在地に堂宇を設けて祀ったのが始まりと伝えられています。藤政は夫人が懐妊すると子安地蔵尊に安産祈願をし見事念願成就した故事から安産、育児に御利益があるとして広く信仰されるようになりました。本尊である絹本着色地蔵菩薩画像は鎌倉時代に制作されたもので国指定重要文化財に指定さrています。境内には正徳年間(1711〜16)に再建された本堂や古墳時代後期の古墳に安置されていた家形石棺を利用して彫られた石棺仏、江戸時代の宝篋印塔などが建立されています。

子安地蔵院:写真

子安地蔵院
[ 付近地図: 三重県津市 ]・[ 津市:歴史・観光・見所 ]
子安地蔵院 子安地蔵院 子安地蔵院 子安地蔵院


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「三重県:歴史・観光・見所」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。