津市: 観音寺(津観音)

  三重県:歴史・観光・見所津市:観光>観音寺(津観音)

観音寺
観音寺
[ 付近地図: 三重県津市 ]・[ 津市:歴史・観光・見所 ]
観音寺 観音寺 観音寺 観音寺
観音寺 観音寺 観音寺 観音寺
歴史・観光・見所
観音寺概要: 観音寺の創建は和銅2年(709)、阿漕ヶ浦の漁師の網により観音像が出現、安置したのが始まりと伝えられています。以来、朝廷や為政者、歴代領主から崇敬庇護され永享2年(1430)には室町6代将軍足利義教が三重塔と恵音院を造営し寺領を寄進しています。当初は柳山付近にありましたが明応7年(1498)、大地震により堂宇が大破し現在地に境内を移しています。天正8年(1580)、津城の城主となった織田信包は観音寺を再興、さらに当時の住職である法印長堯は豊臣秀吉の書家の師でもあり秀吉の祈願寺として庇護され寺領100石が寄進されています。慶長5年(1600)の関が原の戦いでは津城が戦場となりその兵火により多くの堂宇が焼失し一時衰退します。慶長13年(1608)、藤堂高虎が津藩主になると、当寺の境内が津城から見て北東にあたる為、鬼門鎮護の寺院として庇護し堂宇の造営や社領の寄進が随時されました。又、歴代徳川将軍家も朱印地100石を安堵、さらに歴代天皇の勅願の綸旨を賜わっていました。江戸時代後期になると民衆にも伊勢参りが浸透し、津城下が伊勢神宮への参拝路にもあたる為、多くの参拝者が観音寺にも訪れるようになり「津に参らねば片参り」、、「伊勢は津でもつ、津は伊勢でもつ」などと唄われました。太平洋戦争の戦禍により多くの堂宇が焼失しましたが、現在も数多くの文化財を所有しています。
住宅設計案内

 津市観光・旅行見所ナビ:
寒松院観音寺結城神社光善寺高山神社四天王寺子安地蔵院慈智院初馬寺西来寺谷川士清旧宅鳥居古墳津城津偕楽園
入徳門八幡神社比佐豆知神社平忠盛塚密蔵院専修寺
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。