伊賀市: 長楽山廃寺跡

  三重県:歴史・観光・見所伊賀市:観光>長楽山廃寺跡

概要・歴史・観光・見所
長楽山廃寺跡(伊賀市)概要: 長楽山廃寺跡は三県伊賀市西明寺に位置する古代寺院跡です。長楽山廃寺跡長楽山廃寺跡は奈良時代の天平13年(741)、聖武天皇(第45代天皇・在位:神亀元年:724年〜天平勝宝元年:749)が国家安寧を思い全国の各国毎に設けた国分寺、国分尼寺の1つ伊賀国分尼寺跡と推定されています。境内と思われる周囲には土塁(築地塀跡)が設けられ、金堂や講堂跡と思われる土盛も見られます。長楽山廃寺跡は古代寺院遺跡として大変貴重なことから大正12年(1923)に国指定史跡に指定されています。

長楽山廃寺跡:写真

長楽山廃寺跡
[ 付近地図: 三重県伊賀市 ]・[ 伊賀市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「三重県:歴史・観光・見所」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。