鈴鹿市: 加佐登神社

  三重県:歴史・観光・見所鈴鹿市:観光>加佐登神社

加佐登神社
加佐登神社
[ 付近地図: 三重県鈴鹿市 ]・[ 鈴鹿市:歴史・観光・見所 ]
加佐登神社 加佐登神社 加佐登神社 加佐登神社
加佐登神社 加佐登神社 加佐登神社 加佐登神社
歴史・観光・見所
加佐登神社概要: 加佐登神社の創建は不詳ですが境内に隣接する墳墓が日本武尊の能褒野陵墓と伝えられ、当社は尊が死ぬ間際まで持っていたという兜(笠)と杖を祀っていたことから御笠殿社と称していました。文政12年(1829)、江戸時代後期の国学者平田篤胤によって編纂された「御笠殿社由来記」も伝承を追認するもので当社は腫物や瘡、平癒に御利益があるとしています。明治6年(1873)に現在の社号である加佐登神社に改め、明治41年(1908)に近隣の集落に鎮座する16社を合祀し村社に列しました。
住宅設計案内

 鈴鹿市観光・旅行見所ナビ:
伊勢国府政庁跡伊勢国分寺跡伊奈富神社王塚古墳加佐登神社観音寺荒神山観音寺子安観音寺神宮寺神戸城摂取院太子寺
白鳥塚古墳龍光寺林光寺
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。