亀山市: 本久寺

  三重県:歴史・観光・見所亀山市観光>本久寺

概要・歴史・観光・見所
本久寺(亀山市)概要: 常現山本久寺は三重県亀山市御幸町に境内を構えている法華宗陣門流の寺院です。亀山藩主石川家の菩提寺で歴代藩主の位牌など縁の品々を数多く所有しています。中でも茶室半鐘(高さ60cm、径40cm、四季の山水画が張り込まれています。)は江戸時代の画家英一蝶が下絵を書いて鋳造させたもので、当初は石川義孝に贈り、石川家の茶室の半鐘として利用されていましたが義孝が亡くなると本久寺に移されました。茶室半鐘は貴重な事から昭和27年(1952)に亀山市指定文化財に指定されています。本久寺山門は切妻、桟瓦葺き、一間一戸、薬医門。本堂は木造平屋建て、寄棟、桟瓦葺き、平入、桁行6間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張り縦押縁押え。山号:常現山。宗派:法華宗陣門流。

本久寺:写真

本久寺
[ 付近地図: 三重県亀山市 ]・[ 亀山市:歴史・観光・見所 ]
本久寺 本久寺 本久寺 本久寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「三重県:歴史・観光・見所」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。