名張市: 宇流冨志祢神社

  三重県:歴史・観光・見所名張市観光>宇流冨志祢神社

宇流冨志祢神社
宇流冨志祢神社
[ 付近地図: 三重県名張市 ]・[ 名張市:歴史・観光・見所 ]
宇流冨志祢神社 宇流冨志祢神社 宇流冨志祢神社 宇流冨志祢神社
歴史・観光・見所
宇流冨志祢神社概要: 宇流冨志祢神社宇流冨志祢神社の創建は不詳ですが三代実録によると従五位上に列した事が記され、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳には式内社として記載、永徳元年(1387)には従一位に列しました。朝廷や歴代国司、鎌倉幕府などから崇敬庇護され社運も隆盛しました。天正3年(1575)、織田信雄の伊賀侵攻と天正8年(1580)の天正伊賀の乱などの兵火により多くの社殿、社宝、記録などが焼失し社領も認められなかった為、衰退します。その後、領主となった松倉勝重が再興し社領の寄進が行われ藤堂高吉も引き続き崇敬庇護しました。古くから神仏習合し別当寺院として龍淵山神宮寺院普応院が祭祀を司ってきましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され、明治4年に村社、明治14年に県社、明治39年に神饌幣帛料供進社に指定されています。社宝が多く、天和3年(1683)に建立された石造鳥居と天和2年(1682)に奉納された石造手水鉢、能・狂言面(44面)が名張市指定文化財に指定されています。
住宅設計案内

 名張市観光・旅行見所ナビ:
宇流冨志祢神社栄林寺延寿院旧細川邸江戸川乱歩生誕地杉谷神社川地写真館藤堂家邸跡美旗古墳北村酒造赤目四十八滝
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。