名張市: 栄林寺

  三重県:歴史・観光・見所名張市観光>栄林寺

栄林寺
栄林寺
[ 付近地図: 三重県名張市 ]・[ 名張市:歴史・観光・見所 ]
歴史・観光・見所
栄林寺概要: 栄林寺の本尊である木造阿弥陀如来立像は慶長14年(1609)に休味(堺の住民)によって彫り込まれたもので像高110cm。寺宝である木造阿弥陀如来立像(栄林寺の末寺である法然寺の本尊)は平安時代後期に製作されたと推定されるもので像高70cm、一木造。両像とも名張市指定文化財に指定されています。
 名張市観光・旅行見所ナビ:
宇流冨志祢神社栄林寺延寿院旧細川邸江戸川乱歩生誕地杉谷神社川地写真館藤堂家邸跡美旗古墳北村酒造赤目四十八滝
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。