鳥羽市: 金胎寺

  三重県:歴史・観光・見所鳥羽市:観光>金胎寺

金胎寺
金胎寺
[ 付近地図: 三重県鳥羽市 ]・[ 鳥羽市:歴史・観光・見所 ]
金胎寺 金胎寺 金胎寺 金胎寺
歴史・観光・見所
金胎寺概要: 金胎寺の創建は天長年間(824〜34)、弘法大師空海によって開かれたのが始まりと伝えられています。当初は観音堂として鍋屋崎にありましたが天正年間(1573〜92)、九鬼嘉隆が鳥羽城を築いた際、城下町である現在地に移されました。以来、歴代鳥羽城主、鳥羽藩主の祈願所として庇護され、朝鮮出兵の際には武運長久が祈願し、寛文5年(1665)には鳥羽城の二ノ丸の余材を賜り本堂を再建しています。江戸時代は慈眼山観音院と称していましたが明治時代以降に金胎寺や潮満寺などが合併し慈眼山金胎寺に寺号を改めています。境内には四国八十八ヶ寺の祠や「ほととぎす 消え行く先や 島ひとつ 芭蕉」、「志ら雲に 添うて散り行く 柳か那 壷遊」、「ひとすじに 迷はで雪の 小道かな 藤磨奇石」の句碑が建立されています。
住宅設計案内

 鳥羽市観光・旅行見所ナビ:
伊良子清白の家賀多神社旧広野家住宅旧鳥羽小学校金胎寺金刀比羅宮鳥羽分社御木本幸吉生誕光岳寺常安寺鳥羽城
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。