専修寺: 釘貫門

  三重県:歴史・観光・見所津市:見所専修寺:歴史>釘貫門

釘貫門
釘貫門
[ 付近地図: 三重県津市 ]・[ 専修寺:歴史・観光・見所 ]
歴史・観光・見所
釘貫門概要: 専修寺の境内と門前町を分ける為に設けられた門で宝暦年間(1751〜63)に製作された木版画では3ヶ所が確認出来ます。現在は山門正面のものだけが残され当時の様子を伝えています。門といっても実際は扉のようなものがなく、両側の親柱に貫を通しただけのもので、前面の石橋を越え釘貫門を潜る事で仏が安置される神聖な空間と世俗空間とを別ける精神的な結界のような役割を持っていたと推定されています。専修寺釘貫門は江戸時代当時の形式を現在に伝える貴重なものとして平成15年に津市有形文化財に指定されています。
 専修寺観光・旅行見所ナビ:
御影堂如来堂御廟拝堂・唐門山門唐門鐘楼銅燈籠石橋釘貫門
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。