大王崎: 大王埼灯台

  三重県:歴史・観光・見所大王崎観光>大王埼灯台

大王埼灯台
大王埼灯台
[ 付近地図: 三重県志摩市 ]・[ 大王崎:歴史・観光・見所 ]
大王埼灯台 大王埼灯台 大王埼灯台 大王埼灯台
歴史・観光・見所
大王埼灯台概要: 大王崎の沖合いは海の難所として知られ「伊勢の神前、国崎の鎧、波切大王がなけりゃよい」と詠われていました。又、「大王の沖で難波しても船主は船頭にその罪を問わない」とも云われ、海難事故が多発しました。灯台建設は早くから計画されたものの、その都度実施には至らず、大正2年に51名の犠牲を出したサンマ漁船遭難事件、大正6年に巡洋艦「音羽」座礁事件と立て続け大事故が起こり昭和2年にようやく大王埼灯台が建設されました。太平洋戦争では米軍機の標的の1つにもあり被弾し灯籠、レンズ、投器などに大きな被害を受けました。構造は塔型コンクリート造、灯質は単閃白赤互光、実行光度は白光250,000 赤色47,000カンデラ、光達距離は白色18.5 赤色17.5海里、電球種別はメタルハライドランプ(70W)、地上からの高さは22.5m、水面からの高さ(灯火まで)45.53m。大王埼灯台は「日本の灯台50選」に選定されています。
住宅設計案内

 大王崎観光・旅行見所ナビ:
汗かき地蔵大王崎:景観須場の浜仙遊寺大王埼灯台大慈寺波切九鬼城波切港波切神社
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。