湯の山温泉: 涙橋

  三重県:歴史・観光・見所菰野町:歴史湯の山温泉:観光>涙橋

涙橋
涙橋
[ 付近地図: 三重県菰野町 ]・[ 湯の山温泉:歴史・観光・見所 ]
歴史・観光・見所
涙橋概要: 涙橋は赤穂藩城代家老大石内蔵助と愛人である阿軽(小紫太夫)が分かれた場所と伝えられています。別れ際まで阿軽には真相が聞かされず、本意を知った阿軽は涙を流しながら内蔵助との別れを惜しんだ事から何時しか涙橋と呼ばれるようになったそうです。内蔵助は京都山科から東海道を使わず武平峠を越えたとされ、湯の山温泉で同志が集まるを待ち江戸に向かったそうです。湯の山温泉のある菰野藩は赤穂藩3代藩主浅野長矩の弟である浅野長広(大学)が藩主の養女を正室に迎えた縁のある土地で内蔵助も参勤交代の際に度々訪れ土地勘があったと思われます。
住宅設計案内

 湯の山温泉観光・旅行見所ナビ:
三岳寺蒼滝蒼滝の常夜燈蒼滝不動尊大黒天(蛙石)大石涙橋鈴木小舟の歌碑
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。