関宿: 橋爪家住宅

  三重県:歴史・観光・見所関宿:観光>橋爪家住宅

概要・歴史・観光・見所
橋爪家住宅(関宿)概要: 橋爪家住宅橋爪家は古くから豪商として知られ寛文年間(1661〜72)には両替商を営み最盛期には江戸にも出店し大阪のこうの池家と並び称せられる程でした。江戸時代末期以降は芸妓の置家として発展した為、明治時代には置屋建築として改修が行われています。建物は木造2階建、切妻、妻入、桟瓦葺、むくりのついた屋根が印象的で、2階ガラス窓の桟の意匠や手摺の意匠など置屋建築の特徴が見られます。

橋爪家住宅:写真

橋爪家住宅
[ 付近地図: 三重県亀山市 ]・[ 関宿:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「三重県:歴史・観光・見所」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。