伊勢神宮外宮・別宮: 多賀宮

  三重県:歴史・観光・見所伊勢神宮外宮(豊受大神宮):観光>多賀宮

多賀宮
多賀宮
[ 付近地図: 三重県伊勢市 ]・[ 伊勢神宮外宮:歴史・観光・見所 ]
歴史・観光・見所
多賀宮概要: 多賀宮多賀宮多賀宮の創建は雄略天皇22年(478)、伊勢神宮外宮と同時期に勧請されたと伝えられています。祭神の豊受大御神荒御魂は伊勢神宮外宮の祭神である豊受大神の霊魂が持つ2つの側面、荒魂と和魂のうち荒魂を祀ったものとされ4つ別宮の中でも特に格式が高い神社として重要視されています。記録的には延暦23年(804)に五月麻呂(禰宜:神職)によって編纂された止由気宮儀式帳や延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳にも記載され歴史の古さが感じられます。式年遷宮や勅使参向の際には正宮の次ぎに行われる、又、正宮と多賀宮しか勅使参向が行われない神事も多くあり、専用の忌火屋殿も設けられていました(忌火屋殿は明治時代に廃止)。当初は境内が高台に鎮座していたことから高宮と記載されていましたが明治時代に入り多賀宮と記載されるようになっています。
住宅設計案内

 伊勢神宮外宮観光・旅行見所ナビ:
正宮多賀宮土宮風宮
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。