伊勢神宮外宮: 正宮

  三重県:歴史・観光・見所伊勢神宮外宮(豊受大神宮):観光>正宮

正宮
正宮
[ 付近地図: 三重県伊勢市 ]・[ 伊勢神宮外宮:歴史・観光・見所 ]
歴史・観光・見所
正宮概要: 正宮正宮は伊勢神宮外宮の核にあたり、板垣、外玉垣、内玉垣、瑞垣と4重に囲われている中心には中央に正殿、左右に西宝殿、東宝殿が配されています。特別に神聖視されている為、一般の参拝者は外玉垣の外からしか参拝が許されず写真撮影も禁止されています。正殿は唯一神明造りと云われる特別な建物で、切妻、茅葺、平入、高床式、鰹木9本(内宮は10本)、千木が外削(垂直切)、柱はすべて桧の素木となっています。華美の装飾を一切廃した建物ですが荘厳な雰囲気が漂う神聖な空間で建築家ブルータウトは著書である「日本美の再発見」の中で「最大の世界的奇跡である。」と評しています。東宝殿は茅葺、神明造、内部には神宝類、幣帛、、神御衣などが納められています。西宝殿は茅葺、神明造、前回の遷宮時に撤下した神宝等が納められています。外玉垣の東北側には弥生時代の穀物倉を継承しているとも云われる板校倉造の御饌殿が建立されており1500年以上前から豊受大御神に食事が食事がお供えされています。
住宅設計案内

 伊勢神宮外宮観光・旅行見所ナビ:
正宮多賀宮土宮風宮
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。