四日市市: 鵜森神社

  三重県:歴史・観光・見所四日市市:観光>鵜森神社

鵜森神社
鵜森神社
[ 付近地図: 三重県四日市市 ]・[ 四日市市:歴史・観光・見所 ]
鵜森神社 鵜森神社 鵜森神社 鵜森神社
歴史・観光・見所
鵜森神社概要: 鵜森神社の創建は不詳ですが田原藤太秀郷が祀られています。秀郷の後裔である田原忠秀が文明2年(1470)に浜田城を築城し藤綱、元綱、重綱と4代に渡り城主を歴任します。元亀3年(1572)、織田信長の家臣滝川一益により浜田城が落城、神社は城の東南方向に鎮座していたそうです。安政8年(1779)に旧浜田城跡地である現在地に遷座し当時は江田神社と称していたようです。明治42年に現在の社号である鵜森神社に改称し平成2年に境内に祀られていた歴代城主の御霊が祀られていた4柱(田原忠秀、藤綱、元綱、重綱)が合祀されました。社宝である十六間四方白星兜鉢は田原忠秀によって寄進されたと伝えられるもので昭和30年に国指定重要文化財に指定されています。
住宅設計案内

 四日市市観光・旅行見所ナビ:
伊勢安国寺跡鵜森神社妻恋稲荷神社志で神社諏訪神社浜田城
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。