志摩市: 志摩国分寺

  三重県:歴史・観光・見所志摩市:観光>志摩国分寺

志摩国分寺
志摩国分寺
[ 付近地図: 三重県志摩市 ]・[ 志摩市:歴史・観光・見所 ]
志摩国分寺 志摩国分寺 志摩国分寺 志摩国分寺
歴史・観光・見所
志摩国分寺概要: 志摩国分寺の創建は天平13年(741)、聖武天皇の勅願により全国の各国毎に建立された国分寺の1つとされます。当時は寺運も隆盛し境内には七堂伽藍が建ち並び広大な寺領を有していましたが応仁2年(1468)、応仁の乱の兵火により多くの堂宇、寺宝、記録などが焼失し一時衰退します。その後、再興され江戸時代には日光山輪王寺(栃木県日光市)の末寺となり天保7年(1836)に現在の本堂が再建されています。明治時代に入り比叡庵延暦寺(滋賀県大津市)の末寺となりましたが現在は独立しています。本尊ほ薬師如来像(20年に一度開帳の秘仏)は室町時代に制作されたもので像高約2m、檜材、寄木造、三重県指定文化財に指定されています。境内一帯は三重県指定史跡に指定されています。
住宅設計案内

 志摩市観光・旅行見所ナビ:
安乗崎安乗埼灯台伊雑宮志摩国分寺佐美長神社天の岩戸風穴鸚鵡岩大王崎
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。