伊勢神宮内宮: 風日祈宮

  三重県:歴史・観光・見所伊勢神宮:内宮(皇大神宮)>風日祈宮

風日祈宮
風日祈宮
[ 付近地図: 三重県伊勢市 ]・[ 伊勢神宮内宮:歴史・観光・見所 ]
風日祈宮 風日祈宮 風日祈宮 風日祈宮
歴史・観光・見所
風日祈宮概要: 風日祈宮風日祈宮の創建は不詳ですが延暦23年(804)に編纂された皇太神宮儀式帳に風神社の記載があり少なくともこれ以前から鎮座していたとされます。当初は伊勢神宮内宮の田社(摂社より低い格式の末社同等とされます。)に列し比較的に低い社格でしたが祭神の級長津彦命、級長戸辺命は風を司る神で特に農業関係が深い事から風日祈祭などの神事が行われるなど重要視され文治3年(1187)には源頼朝により神馬8頭が寄進されています(寄進したのは伊勢神宮外宮の風宮とも)。弘安4年(1281)の元弘の際、朝廷より勅使が派遣され戦勝祈願が行った所、暴風雨が元軍敗退の要因となった為、正応6年(1293)に別宮に昇格しています。江戸時代末期に諸外国の圧力が強まると文久3年(1863)に朝廷が攘夷の祈願を15日に渡り行れ国難回避に御利益があると信仰されていました。伊勢神宮内宮の別宮は10社ありますが2番目に新しく社格は上から9位となっています。
住宅設計案内

 伊勢神宮:内宮(皇大神宮)観光・旅行見所ナビ:
外幣殿忌火屋殿五丈殿御稲御倉御贄調舎荒祭宮四至神神楽殿正宮風日祈宮
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「湯の山温泉」は「三重県の歴史」、「郷土資料辞典−三重県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。